ガジェット+

ガジェット+のブログへようこそ!ここでは、ガジェット+チャンネルで動画に出演しているしょうごんと軽快で明るく面白い記事を書く、ニワトリ隊長、そしてHiroが毎日、ガジェットを紹介しています! 毎日見ていればきっと欲しい商品が見つかるはずです!是非、ご覧ください。

シンプルイズベスト!ROMOSSのモバブをご紹介。

どうも、しょうごんです。

東京は、18日連続で雨。気圧のせいか、体調も優れません、、、

ということで、

今回は、提供品「モバイルバッテリー」のご紹介です。

 

本日の商品

今回、紹介する商品は、

「ROMOSS モバイルバッテリーsolo6  16000mAh」

f:id:gadgetplus:20170818070711j:plain

 

 

ROMOSSとは、

今回、紹介するモバイルバッテリーの販売会社「ROMOSS」は、モバイルバッテリー、充電ケーブル、アダプターなどの充電機器を専門に販売している会社です。

www.romoss.com/

 

 

特徴

外箱は、フックにかけられるように穴が空いて流ので、本国では店頭に並んでいるものと思います。

 

内容物は、本体・説明書・充電ケーブルとシンプル。

アラビア語の説明書も同封しており、様々な国で販売されているのが、わかります。

 

本体は、白ベースに片側サイドとロゴ等がグレーで統一されています。

挟み込むような、「ハーモニカ型」です。

f:id:gadgetplus:20170818070821j:plain

本体への充電はマイクロUSB、ソケットは2つあります。

イナズママークが一つのソケットと二つのソケットがあり、出力の違いもわかりやすいです。

f:id:gadgetplus:20170818070906j:plain

サイドにスイッチがついています。

f:id:gadgetplus:20170818070944j:plain

残量インジゲーターは、正面に配置。プラスチック特有の光漏れもなく、しっかりとした印象です。

容量は大きめの、16000mAhです。

 

ざっと説明しましたが、よくも悪くも普通です。

無駄な機能もなければ、特別な機能もない。

個人的には、バッテリーの必要としている機能は持っており、無駄な機能を省いているので、好感が持てます。

 

 

まとめ

無駄な機能がなく、シンプル。

充電も問題なく使用できます。デメリットは特になく、現在セール中で2000円という価格を考えても良い商品だと思います。

 

 

 

 

gadgetplus.hateblo.jp

 

 

gadgetplus.hateblo.jp

 

 

 

 

急速充電・データ転送対応。ライトニングケーブルが3本セットで超お得!

どうも、しょうごんです。

台風5号の報道・被害が続きましたが、ここ埼玉は、進路が大きくそれたため、多少の雨ですみましたが、台風が過ぎ去った後のモアモアとした暑さがあります。

 

さて、本日は、久しぶりにケーブルのレビューです。

以前は、かなりの頻度でケーブルのレビューをしていましたが、ある程度、販売会社が決まってしまう商品のため、なかなか依頼がありませんでした。

 

本日の商品

 

「BECASO ナイロン網ライトニングケーブル1,5m三本入り」

f:id:gadgetplus:20170809082246j:plain

 

 

 

純正のライトニングケーブルが断線してしまったり、予備としてなど、非純正のケーブルを使用している方も多いと思います。

以前は、「MFI認証」のものですと1500円、そうでなくても1本1000円近くはするのが当たり前でしたが、最近は、価格もかなり下がってきています。

 

メリット

・ナイロン網

絡みにくい、断線しにくいなど、利点の多いナイロン網を採用しています。

f:id:gadgetplus:20170809082328j:plain

 

・1.5メートル

一般的には、90cm〜1mほどですが、少し余裕を持った1.5m。

リビングや寝室でも使いやすく、ちょうど良い長さです。

 

・3本入り

最後に価格を表示しますが、3本入っているので予備としてとって置くことができます。

 

このようなポイントがあります。

特に断線しやすいケーブルとの接続部分の加工も丁寧で、しっかりとしています。

商品ページにも記載されている通り、端子部分のサイズも大きすぎず、ケースをはめていても使用できます。

急速充電はもちろん、データ転送にも対応しています。

f:id:gadgetplus:20170809082414j:plainf:id:gadgetplus:20170809082428j:plain

 

 

デメリット

ただ一つ、「MFI認証」を得ていない。

販売数が増加したら、今後、対応して欲しいです。

 

まとめ

久々のケーブル紹介でしたが、「MFI認証」を得ていない以外、大きな欠点は、見つからず、充電・データ転送ともに十分、使用することができます。

そして価格は、三本セットで

¥999

非常に、お得でおすすめです。

 

 

 

 

gadgetplus.hateblo.jp

 筆者:しょうごん

 

 

 

任天堂スイッチって結局どう? 使いにくい点やお勧めソフトについて~

f:id:gadgetplus:20170724171238p:plain

ガジェット+ しょうごんです。

 

今年の3月に発売した期待のゲームハードといえば、そう。「Nintendoswitch」

普段、ゲームは一切しないのですが、これは面白そうだということで、プレミア価格ながらも買いました。

Twitterや一部の動画でも、お伝えしていましたが、録画機器がない、本体単体での録画に対応していないことや、実況するソフトがないため、実況動画はアップしていませんが、ちょっとした気晴らしに少しずつ遊んでいました。

今回は、3ヶ月使って見たハードに対する説明とこれから発売される期待のソフトについて書いていきます。

 

ニンテンドースイッチ

Nintendo Switchは、任天堂より2017年3月3日に発売された家庭用ゲーム機。定価29,980円。 任天堂では「既存の“据置型テレビゲーム機”の範疇には入らないゲーム機」としつつも、「携帯機としての利用も出来る据置機」としている。Wikipedia

とされていますが、DSに続き、DSシリーズと Wiiシリーズそれぞれの良さを生かした新なハードです。

 

本体について

それでは、スイッチ本体についてです。

発売当初は、左のJOYコンの反応が遅いなどの不具合がありましたが、今のところ、不具合はありません。

本体は、大半がプラスチックで、大きさの割に軽いです。

JOYコンを外すとただのタブレットのような形状で、AmazonのFireのような感じ。

電源ボタンが上面の左端に配置されているので、JOYコンを外すときについ押してしまう。さらに、イヤホンジャックが上面に配置されているので、コードの本体の下に通さなければならないのもきになりますが、テーブルモードのことを考えれば妥当といえるでしょう。

そして、テーブルモードようのスタンドですが、あくまでテーブルの上に置いて使うことを前提としているので、角度はかなり急です。

 

本体はもちろん、JOYコンのバッテリーの持ちは文句なしです!

 

現在までにプレイしたソフト

さて、四月に購入して3ヵ月が経ちました。

f:id:gadgetplus:20170724171336p:plain

まず、本体と同時に購入したのが、ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」です。ネット上でも評価は高くオープンワールドで自由度の高いゲームですが、アクション、謎解きともに、苦手な自分には、あまり浸透しませんでした。しかし、スイッチのグラフィックの向上などあらたな発見をすることができました。

f:id:gadgetplus:20170724171405p:plain

ぷよぷよ テトリス S」の体験版もダウンロードしました。

むかしから人気のあるゲームで、センサーの活用もありませんが、家族や親と楽しむゲームとしては、よいのではないでしょうか。

 

f:id:gadgetplus:20170724171414p:plain

さらに、「新開拓時代」もダウンロードしました。1000円ほどで気軽に購入でき、ちょっとした時間でもすすめられるので、ゼルダなどで疲れた合間にプレイするのが良いと思います。

 

f:id:gadgetplus:20170724171459p:plain

そして、マリオカート8デラックスです。

Wiiuソフト「マリオカート8」のリメイク版で、キャラクターなどがふえています。

むかしながらのコース(DSなど)も入っているで、様々な世代が楽しめると思います。

 

f:id:gadgetplus:20170724171521p:plain

そして、スプラトゥーン2がついに発売です!

Wiiuはプレイしたことがないので、追いつくのが大変ですが、楽しくやっています。

様々なモードや戦い方があるので、アクションが苦手な方も是非、一度試してみてください!

 

JOYコン問題、、、

スプラトゥーンをプレイして気になったのが、JOYコン。

左右ともに加速度センサーが搭載されていますが、使用されているのは右側であり、左右の感度にさがあるため、すこし慣れが必要です。

 

 

まとめ

今のところ、特に問題なく楽しくプレイしています。

今後、マリオオデッセイなども発売されるので、楽しみです。

 

筆者:しょうごん

 

日本でも流行った「ハンドスピナー」結局どうなの?

どうも、しょうごんです。

 

 

 

 

 

 

今年のはじめに、日本に入ってきてYouTubeなどでも話題になった「ハンドスピナー

子供を中心に広まり、一旦落ち着いた感じもするので、改めて書いていきたいと思います。

 

ハンドスピナーとは?

f:id:gadgetplus:20170710161152j:plain

ハンドスピナーとは、中央にベアリングを搭載し、回転させて遊ぶ玩具?である。

アメリカなどでは、昨年から流行り始め、日本では今年になってから、一気に認知が広まった。

 

ハンドスピナーの良い所

f:id:gadgetplus:20170710161211j:plain そもそも。回して何になる?

ここが疑問です。

いくら回しても、発電できるわけでも無いですし、、、

実は、集中力と言いますが、心が落ち着くため、ADHDなどの発達障害などのも効果的とされています。認知症などにも良いでしょう。

 

ハンドスピナーによる問題も、、

暇つぶしや脳にも良いとされているハンドスピナーですが、依存する人もおり、アメリカなどでは、規制もあるようです。

実際に、自分の学校でもハンドスピナーを持って生きて、休み時間はもちろん、授業中まで使用し、問題になりました。

あくまで、暇な時間、待ち時間などに使用する物です。

場所や周りを確認して、正しく使いましょう。

 

 

個人的な使用方法としては、携帯はせず、デスク上に置いておき、PC作業中で暇な時、

・ダウンロード、アップロード中

・片手で操作が可能な作業中

・書類などで考えている時

などで使用します。

 

こうしてブログを書いている時も、つまずいたら回すといった感じです。

個人的のは、あまり定着はしませんでしたが、たまに回したくなるといった感じです。

子供の間では、依存などもあるようですが、自分の生活にあった使い方を考えて支障がないように使用してください。

 

ハンドスピナーっていくらぐらい?

んじゃ、実際いくらくらいなのか、

安いものですと、200円ほどで販売されています。

自分が使っているのは、1000円ほどのものです。

他校の生徒では、校外学習で江ノ島に行って、ハンドスピナーを買ってきたとのこと。

江ノ島で買う意味あるのか、、、、

ネットで購入するのがオススメです。

 

価格はピンキリで、材質やベアリングの性能などによって変化し、数百円〜数万円と、、そこまではなかなか買えないですね。

個人的には、500〜1000円程度が良いかと思います。

この人気なら、百円ショップでも販売されそうですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最近、人気のハンドスピナー、依存しすぎて危険などもあるようです。

場所や周りをよく見て、安全に使用しましょう。

※学校などで使用しないように。

 

 

お久しぶりです。。。

どうも、しょうごんです。

先日、久しぶりにニワトリ隊長の方から投稿がありましたが、そちらもオススメの商品ですので、ご覧ください。

 

gadgetplus.hateblo.jp

 

 

さて、今回は近況報告をしていきたいと思います。

 

5月の動画アップ数が1本

6月の動画アップ数が0本と

ここ二ヶ月間は、ほとんど活動していません。

 

昨日、ここ半年の様々なデータを元に話し合いをしました。

新たなブログメンバーも加入予定です。

今週から、企業様絵のメール返信も再開し、動画も始めようと思います。

今週末は、地域の祭があるため、本格的な活動は、来週行こうになります。

今年は、受験も控えているため、勉強とのバランスも考えながら、活動できたらと思います。

 

それでは、、、

しょうごんが選ぶ オススメモバイルバッテリー三選!

f:id:gadgetplus:20170604153618p:plain

どうも、お久しぶりです。しょうごんです。

今までガジェットプラスでは、様々なモバイルバッテリーをご紹介してきましたが、今回は、

しょうごんが選ぶオススメモバブ三選を書いていきます。

 

 

 

まず、モバイルバッテリーに何を求めるのか。

このように考えています。

・大量の電気を扱う安全性

・充電速度

・持ち運びやすさ

 

今回は、この三つに合うバッテリーをご紹介します!

 

 

第3位

Poweradd Pilot X8

f:id:gadgetplus:20170604151958p:plain

 

第3位はこちらのモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーで有名な、パワーアド様から発売されている商品です。

最近は、子供でもスマホを持ち運ぶ時代です。

外出先での充電でお困りの方も多いと思います。

充電性能やデザインだけを求める企業が多い中、パワーアド様は安全性能にこだわっているので、お子様などの外でのしようも安心です!

充電時間は6-7時間、一般的なスマートフォンを2-3回充電できるので、容量もちょうど良いです。カラーバリエーションが豊富なのもオススメポイントです。

 

 


充電機器は安全が一番!LG製のバッテリーを使用したPoweraddのモバイルバッテリー2種をご紹介。

 

 

 

 

 

第2位

Tronsmart Presto

f:id:gadgetplus:20170604152020p:plain

 

 

第2位はこちらのモバイルバッテリーです。

Tronsmert。聞いたことのない方も多いと思いますが、アメリカを中心に展開している企業です。充電製品を中心に販売しています。

容量は、10400mAhと一般的ですが、本体をプラスチックにすることで、大幅な軽量化に成功しています。

また、本体の充電にはUSB-cを使うことで、高速で充電することができます。

スマホへの充電も、クイックチャージ3.0を搭載し、高速で行うことができます。

モバイルバッテリーに何を求めるのか、よく考えられた商品です。

 

 


無駄な機能を省いて安価に!しかも高速充電!

 

 

 

 

 

 

 

第1位

「VIVIS10000mAh」

 

f:id:gadgetplus:20170604152130p:plain

 

第1位はこちらのモバイルバッテリーです。

 

最近、ガジェット+チャンネルでもご紹介した、VIVISのモバイルバッテリー。

一年ぶりに、容量を10000mAhに減らして登場。

その容量からは考えられないコンパクトさと、操作性の向上、全てに磨きをかけています。今、イチオシのモバイルバッテリーです。

ガジェット+では、150円引きのクーポンも公開しているのでそちらもご覧ください。

 


超小型・超軽量! 2世代目へと進化したVIVISのモバブはすごい!

 

 

gadgetplus.hateblo.jp

 

 

変幻自在‼︎車内用収納ケース

 お久しぶりです!...まさか忘れてないよね!?

ニワトリといったらねぇ?隊長しかいないですよね?ね?

いやぁ、何か月ぶりだろう。前回のブログが遠い日々のように感じられる...

 

さて、前置きもこの辺にしてササッと紹介しましょうか!

今回の商品(?)はコチラ!!

車用収納ボックスQUETA 車用収納ケース 大容量折り畳み式 4ボックス 保温保冷機能 クーラーボックス付

f:id:gadgetplus:20170604152159j:plain

 

車内用の収納ケースって、中々目にしませんよねぇ~

因みに隊長はこれが初めてです、初見プレイってやつです!

(初見プレイだから内容が薄いのには目をつぶってね)

そろそろ本題に戻らねば。しょうごんにガン飛ばされそうで恐ろし...

 

◦この子の長所

何より”変形する”といった所が大きかったです、ハイ。

f:id:gadgetplus:20170604155101j:plain

ほんでもって、変形すると言われてもどこが良いのじゃね?と思いまふよね?

でもコレ、実際に車に置いてみると凄くありがたみを感じるんですよ。

例えば、ひと口に車といってもデカめの車と小さめのお車があるやないですかい。

んでんで、もしも今回ご紹介させて頂いているこちらの車内用ケースが

変形ギミックなしだったとするナリ。

・・・邪魔じゃねぇですけぇ⁉︎

しかぁし、この子は変形できるえらい子なのですっぽり入るんです。

で、長所その2

保冷機能つきの収納場所がある所ですね。

保冷機能君があるおかげで、野外バーベキュー用の食材も運べるんです。

お肉もお魚も運べますね。

 

この子の短所

骨組みが無い所でふ。

骨組みの類が一切無いので重い物を入れた際に、少し形が崩れるんですよね。

んでもってですよ、小物を多量突っ込むと形が崩れて

小物の配置が変わってしまうんですお。

少々残念やなぁ・・・

 

以上が本日の紹介でありますがいかがでしたか?

説明が下手なのは・・・黙認してください。

今後も面白い記事が書けるよう、できたら精進してまいります。

ではまた今度〜

 

筆者:ニワトリ隊長

 

 

過去記事

 

gadgetplus.hateblo.jp

 

 

gadgetplus.hateblo.jp